長町武家屋敷跡・香林坊

 
金沢の繁華街・香林坊には、おしゃれなファッションビルや多くのセレクトショップが建ち並び、地元の買い物客をはじめ、観光に訪れた旅行者もショッピングを楽しんでいます。 大通りから一本入ったところにあるせせらぎ通りを歩いて行くと、左手にあるのが長町武家屋敷跡です。加賀藩時代の上流・中流階級藩士の侍屋敷が軒を連ね、石畳の小道を歩けば風情ある雰囲気が感じられます。木羽板ぶきの屋根のついた土塀や、武士窓のある長屋門が当時の面影をしのばせますが、土塀の中では今も市民生活が営まれています。映画「武士の家計簿」では、この長町武家屋敷跡の町並みをモデルにして、京都の撮影所でセットが組まれ、劇中では本物さながらの武家屋敷が再現されました。 市内に網の目のように張り巡らされた用水は、昔から市民の暮らしと深いつながりを持ってきましたが、長町周辺では武士や豊かな町人が庭園の曲水として用水を引き入れて楽しんだそうです。かつて金沢城建設時の運搬用水路として使用された用水が、現在では町並みに潤いと安らぎを与える存在となっています。


武家屋敷跡野村家
長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡で、眼下に庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできます。2009年にミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれ、海外からも高い評価を受けています。
 
★ここでロケをした作品へのリンク:武士の家計簿[映画]


香林坊
ファッションビルやデパートが建ち並ぶ香林坊は、日本海側有数のショッピングゾーンで、県内外からたくさんの買い物客が訪れる金沢の中心スポットです。
 
★ここを舞台モデルにした作品へのリンク:花咲くいろは [テレビ・映画]


金沢市老舗記念館
藩政時代からの薬種商「中屋薬舗」の建物を移築。当時の店先を再現した「店の間」や茶室があり、町民文化に関する資料が展示されています。また、花嫁のれんや加賀水引など伝統文化にまつわる企画展を開催。


大野庄用水
犀川を水源として長町を流れる用水で、古くから人々の生活の場で重要な役割を果たしてきました。武家屋敷の土塀を背に流れる用水は、昔と変わらない風情と情緒を感じられます。